検索
  • Nachos

Surftown La Union

エルニドでゆったりとした時間を過ごして向かった先は

フィリピンの首都マニラがあるルソン島に移動。

そこから陸路で6〜7時間かけて北上しサーフタウン La Union へ。


途中 マニラの渋滞はひどいのなんの。



正確に言うとLa Union州の中にあるSan Juanという小さな町。


何個もの町を通り過ぎ、夕方 今回の宿 Vessel hostel へ到着。





長時間の移動を乗り越え、サンセットを見ながら乾杯!


なんだかまたまた少し昔のバリを思い出す。




この辺りは開発途中ということで建設中の建物をそこらで見かけた。


ビーチ沿いにも色んなカフェが建設されている。

きっとここの場所もどんどん開発されていくんだろうな。



トライシクルとジプニーは定番の乗り物。

この旅の中で幾度お世話になったことか。



朝から長時間の移動の疲れもあり、晩ごはんはサクッと近場で食べ、ビールを買って宿でゆっくりすることにした。

Vessel hostelはドミトリーだけど綺麗だしバルコニーやソファースペースなどがあってゆったりできた。





なんてったてオシャレ。

貧乏旅行をしてきた中でやっぱり宿って大切ってことを学んだ。

て言ってもいつも予算とギリギリの譲れないラインとの格闘なんだけれどね。




フィリピンに来て思ったことは全体的に宿が高いということ。

このクオリティでこの値段なんだ...と思うところばかりだった。

(バリになれすぎているからなのかな?)

安い!っと思ったらベッドじゃなくてハンモックだったのはびっくりしたけれど 笑


そういえばルームメイトになったスペイン人の子は

初めにここよりも少しだけ安いドミトリーに泊まったんだけどひどい目にあったよ!

ここのドミトリーは最高!って勢いよく話してたっけな。


何事も経験。

でもできればハズレには当たりたくないっていうのが本音だけどね。


21回の閲覧

最新記事

すべて表示

今度っていつ?

ヤカンに火をかけ、棚に置いてある茶葉を取り出す。 カタカタとサインが聞こえ始めた。 ゆっくりと急須にお湯を注ぐとふぁっとホーリーバジルの香りが漂ってくる。 はぁ〜いい香り。 それだけで少し胸が高揚してしまう私は何とも簡単な思考回路をしているものなんだな。 と思いクスッと笑みが溢れてしまった。 窓を開け外のスッとする空気を吸い込み音を空を見上げる。 水の音が心地がいい。 そろそろかな。 ちょうど程よ

大好きな海を近くに感じながら

美しいと感じるもの、人々の背後にあるストーリー、旅やライフスタイル…空気感。

みなさんに私の写真を通じてこのsalty vibesを

感じて頂ければHappyです。

nachos326@gmail.com

 

Copyright 2020 salty label All Rights Reserved.