検索
  • Nachos

Dream destination 3


え?これが空港??

着陸アナウンスが流れ、飛行機から地上を見下ろした時つい声が出た。


そこには想像しているいつもの風景ではなく 緑の中に木で作られた小さな小さな空港があった。去年出来たばかりの空港だからきれいなのは当たり前なんだけど。


日本からフィリピン・マニラまで行き、

そこから 国内線に乗り換えelnido (エルニド)に辿り着いた。






パソコンとにらめっこして黙々と調べてやってきた。



マニラからの行き方は2パターン。


今までは エルニドがあるパラワン島の大きな街 プエルトプリンセサまで行き、乗り合いのバンやバスで6時間の道の悪い陸路でしか行けなかった。(時間もあるし安く行きたいって人はチャレンジするのもいいかも 笑)

でも、結局プエルトプリンセサまで行かなきゃ行けないんだけど。アイランドホッピングする予定の人はいいのかも。



でも、去年 airswift(エアスイフト)からエルニドまでの飛行機が就航されたと聞き

早速調べてみると、本当にある!

でも、フィリピン国内で飛んでいる飛行機の中でも割高。





マニラからエルニドまでは 1日に4便。

安いLCCを使うと大体 深夜近くに着くものが多いので 私は午前中の便をチョイス。

1番早くて朝の6時台からありました。


エルニドの空港に着いてからは フィリピンでは定番の乗物トライシクルをつかまえて エルニドタウンへ。






田舎のがたがた山道をトライシクルが大きな音と砂埃をたてて進んでいく事20分。

海と山に囲まれた小さなエルニドタウンに到着。


エルニドタウンは想像していた以上に東南アジア感満載。



土地勘もわからないから適当にここかなぁなんて思いとった安いホテル。


スタッフが

"電気はつくけどホットシャワーが出ないんだよね〜"

やはり東南アジアのゆるい感じ

でも立地は正解でした!






エルニドはリゾートって思う人もいるんだろうけど、タウン周りは昔のバリを思い出させてくれる安宿がいっぱいある。

いわゆるエルニドリゾートと呼ばれる

ちゃんとした綺麗なホテルはタウンにはなくて

エルニドタウンを取り囲む島々に位置します

これこそ究極の贅沢というのでしょう。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

今度っていつ?

ヤカンに火をかけ、棚に置いてある茶葉を取り出す。 カタカタとサインが聞こえ始めた。 ゆっくりと急須にお湯を注ぐとふぁっとホーリーバジルの香りが漂ってくる。 はぁ〜いい香り。 それだけで少し胸が高揚してしまう私は何とも簡単な思考回路をしているものなんだな。 と思いクスッと笑みが溢れてしまった。 窓を開け外のスッとする空気を吸い込み音を空を見上げる。 水の音が心地がいい。 そろそろかな。 ちょうど程よ

大好きな海を近くに感じながら

美しいと感じるもの、人々の背後にあるストーリー、旅やライフスタイル…空気感。

みなさんに私の写真を通じてこのsalty vibesを

感じて頂ければHappyです。

nachos326@gmail.com

 

Copyright 2020 salty label All Rights Reserved.